足立区綾瀬にある森の葉整骨院の院長日記31

森の葉整骨院の森谷です。

 

今日は朝雨が降っていなかったので、マルと散歩に行ってきました。

曇っていて涼しかったので1時間近く歩いてきたのですが、マルは疲れる様子もなくニコニコしていました。

これからは気温が下がっていくので、私もたくさん歩いて体力作りしたいと思います。

 

コロナは数だけ見ていると山は越えて減ってきているのかな?っていう感じですね。

緊急事態宣言が延長されそうですが、このまま少しづつ減っていって9月中には終わると良いですね。

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症についてお話しします。

脊柱管狭窄症の特徴的な症状は間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

腰にそれほど強い痛みは出ないのですが、歩行と休憩を繰り返します。

一定の距離を歩くと太ももやふくらはぎなどが痛くなってきたり、しびれてくるので一度休息をして回復しまた歩くを繰り返す状態のことを言います。

 

若年層に脊柱管狭窄症になる人はあまりいないです。

50代くらいから徐々に増え始め60代~70代の方に多くみられます。

 

脊柱管狭窄症は排尿障害などの重度の症状でなければ手術ではなく整骨院や整体で正しい状態に身体を治していけば痛みは改善していきます!

なので、脊柱管狭窄症でお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

まずは体感してみてください

院長 森谷
    • 治療院はたくさんあるけど、どこに通っていいかわからない。
    • 様々な治療院に通ってみたけど、一向に改善する気配がない。
    • 「年だからしょうがない・・・」「仕事だからやむを得ない・・・」と治療を諦めている。

上記のお悩みをお持ちでしたら、初回キャンペーンをご利用いただき、ぜひ森の葉整骨院の治療を体験してみてください!

一人でも多くの方の症状が改善し、痛くないことが当たり前である生活を取り戻していただきたい、そのために少しでもお役に立てればと思い、この整骨院を開院しました。
根治を目指して、私も患者様と一緒に闘います。

お困りごとやお悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です