四十肩はストレッチで防ぐ!原因と対処法も解説します!

四十肩 ストレッチ 改善

朝起きて支度をしているとき、昨日までは全く大丈夫だったのに…。

シャツを着ようとしても痛くて袖を通せない。

そんな痛みがやってきた40代以上のあなた。もしかすると、その痛みは四十肩かもしれません。

 

四十肩は放っておくと自然に改善していくことが多い症状ですが、間違った対処をすると痛みが激しくなったり、肩周辺に障害が残ったりすることもあります。

 

そこで今回は、四十肩がこれ以上辛くならないためのストレッチや、原因と対処法についてもお伝えしてきます。

四十肩が起こる原因とは

四十肩 ストレッチ 原因

名前からもわかりますが、四十肩は40代以降の人になりやすい症状です。

四十肩(五十肩というのもあります)の原因は、これだけ科学や医療が発達した現在でもはっきりとわかっていません。

いつ起こるのかもわからないですし、いつ改善するのかもはっきりとわかりません。

 

三重県にある鳥羽水族館の人気者「ダイオウグソクムシ」の脱皮と同じように「未知」のものと言ってもよいと思います。

 

ただし、一般的に言われている原因らしきこととしては次のようなことがあります。

  • 肩の関節
  • 肩の筋肉
  • 肩周辺の組織

 

これらが複雑に重なり合うことで肩が複雑でスムーズな動きをしているのですが、加齢によって固くなったり伸びにくくなったりすることで、筋肉や組織に炎症が起こり、この炎症が痛みを引き起こしているということなのです。

 

また、次のような要因も四十肩の原因の一つになっているのではないかと言われています。

  • 生活習慣
  • ストレス
  • ホルモンバランス

これらが年齢とともに変化することで、発症のきっかけになっていると考える人もいます。

 

このような四十肩ですが、40代以降の人に多いというだけで、男女に差は見られません。

また右肩と左肩の発症にも差がないと言われています。

そのため利き腕が痛くなる人もいれば、利き腕でない方が痛くなる人もいらっしゃることを考えると、予測することが大変難しい症状だと言えるでしょう。

四十肩の症状と経過を知ろう

四十肩 症状 原因

四十肩の症状は、とにかく肩を上げると痛い、肩周辺が痛いという状態です。

そして四十肩は経過によって症状も変化していきます。

(1)急性期

肩を動かすと激痛が。

あまりの鋭い痛みに声も出ない。

シャツが着られない。

パジャマから着替えられない。

激しい痛みが突然起こったときが急性期です。

 

多くの場合、どちらか片方の肩に激しい痛みが伴います。

肩を動かすと、肩の筋肉とつながっている二の腕も痛みを感じますし、腕の先にしびれを感じる人もいます。

 

急性期は大変つらく、これがずっと続くんなら生きていけないと思われるかもしれませんが、ご安心ください。

数日で激しい痛みは治まります。

(2)慢性期

急性期の激痛が治まると、スッキリ治ってくれればいいのですが、残念ながら「慢性期」と呼ばれる時期に突入します。

慢性期には激痛は出ませんが、鈍い痛みが続きます。

 

また、肩の可動範囲が狭くなってきますので、激痛で着替えをあきらめそうになることはありませんが、肩が思うように動かないのであきらめそうになることはあります。

肩を上げる、肩をまわすという行動が難しくなり、無理に動かすと痛いのでジッとしている、今度は肩の筋肉が固くなって、よけいに動きにくくなるという負のサイクルに入ってしまいます。

負のサイクルに入ると、肩が動きにくくなるので治癒が長引くこともあります。

無理する必要はありませんが、意識して動かすことを覚えておいてください。

四十肩の対処法を紹介!

四十肩 対処法 ストレッチ

急性期の対処法

激しい痛みがありますので、安静にすることを心掛けてください。

負けん気を出して、痛いのに動かそうとしてはいけません。

また、重いものを持つとか、痛いところを揉むというのも逆効果です。

あまりにも痛いときは市販の痛み止めを服用するのも方法です。

まずは安静、次に痛みを和らげるというのが最善の対処法です。

慢性期の対処法

落ち着いてきたら、次は肩周辺を無理なくゆっくりと動かすようにしてください。

動かすときには、肩を上にあげるのではなく下げたまま、左右にゆっくり動かすことから始めましょう。

 

また、普段の服にも気をつけておくと暮らしが楽になります。

かぶる衣服やファスナーは肩が辛くなりがちなので、少しお休みしておきましょう。

着るときには痛みのある方の腕から着るようにすると、比較的楽に着ることができます。脱ぐときは反対に痛くないほうから脱ぐと、少しは痛みを感じずにいられます。

 

また、肌寒い季節や寒い季節には肩周辺を温めておくのも効果的です。

 

急性期と慢性期の対処法をお伝えしましたが、ここで注意しておいてもらいたいことがあります。

それは急性期が1週間を経過しても治まらない場合です。

こういった場合、四十肩ではなく他の理由で肩が痛くなっていることが考えられます。

 

「そのうちマシになるだろう」と待つのではなく、整形外科を受診して検査してもらうようにしてください。

四十肩の予防にはやっぱりストレッチ

四十肩 ストレッチ 原因

四十肩がこれ以上ひどくならないためにも、また、四十肩の予防にも、お家で簡単にできるのはストレッチです。

(1)肩の後ろストレッチ

まっすぐに肘を伸ばして立ちます。

そのまま手を体の後ろへ、ゆっくりと回します。

肩の痛みが出る手前まで上げ、そこでドアノブを回すように腕をクルクル回します。

(2)肩の前ストレッチ

まっすぐ立ったまま、小さく前にならえをします。

そのままの状態で、肘をわき腹にくっつけます。

くっつけた腕を外側へゆっくりと開きます。

開ききるところで止めて10秒数えます。

(3)背中から肩のストレッチ

イスの背もたれに両手を置きます。

このとき、両足は肩幅よりも少し広めに開きましょう。

そのままの状態で、顔を下に向けたまま背中を丸めます。

背中を猫がノビをするときのように反らせます。

肩胛骨周辺が伸びているのを感じてください。

 

こういった簡単なストレッチによって、肩周りが固くなることを防ぐことができます。

 

また、ストレッチの効果的なやり方がイマイチわからないという方は、一度整骨院へ相談されるのが安心です。

無理にわからないままストレッチをすると、痛みが激しくなることもありますし、思わぬ部分に負荷がかかってしまい、体に不調をきたすこともあります。

四十肩だけでも大変なのに、さらに腰や脚に痛みが出てしまうと大変です。

 

少しでもストレッチに迷いがある場合は、お近くの整骨院へ足を運んでもらい、あなたの体と姿勢、症状にあわせたストレッチ方法をプロに教えてもらってください。

まとめ

朝の慌てている時間に限って激痛が起こる四十肩。

 

こればかりは慌ててもすぐに治ることはありません。

 

できるだけ痛みが強くならないように、そして治まったときに肩がスムーズな動きになるようにしておくことが肝心です。

これは四十肩だろう。そんなときはガマンせず整骨院へ相談し、あなたにあった対処法やストレッチを教えてもらってください。

まずは体感してみてください

院長 森谷
    • 治療院はたくさんあるけど、どこに通っていいかわからない。
    • 様々な治療院に通ってみたけど、一向に改善する気配がない。
    • 「年だからしょうがない・・・」「仕事だからやむを得ない・・・」と治療を諦めている。

上記のお悩みをお持ちでしたら、初回キャンペーンをご利用いただき、ぜひ森の葉整骨院の治療を体験してみてください!

一人でも多くの方の症状が改善し、痛くないことが当たり前である生活を取り戻していただきたい、そのために少しでもお役に立てればと思い、この整骨院を開院しました。
根治を目指して、私も患者様と一緒に闘います。

お困りごとやお悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です