交通事故の流れと治療の流れ。交通事故で多い「むち打ち」とは

交通事故 流れ むち打ち

交通事故は突然に起こります。

そして、加害者になることもあれば、被害者になることもあります。

現在の車社会では、自分だけが気をつけていても100%防ぐことはできません。

 

だから、、、

車を使っているなら、交通事故が起こったときの対処法や、交通事故の影響で起こりやすい「むち打ち」について知っておきましょう。

そうすると、いざというときに慌てなくてすみます。

 

それでは、ご紹介していきます。

交通事故が起こったときの対処法

交通事故 対処法

交通事故が起こったとき。

あなたが加害者であっても被害者であっても、まずは同じ対処を行ってください。

(1)ゲカ人がいないか確認

ケガをした人がいるなら。
車に乗っている人がいるなら。

ケガの状態や痛みの具合は関係なく、すぐに「救急車」を呼びましょう。

事故直後は、お互いに興奮状態となっていますから痛みやケガに気づかないことが多いです。

冷静になってから痛みが出てくることも多いですから、そんなややこしい話に巻き込まれないためにも、救急車を呼びましょう。

(2)警察へ連絡

慌てずに警察へ連絡してください。

相手が車から出てきて「口約束」だけで示談を持ち出したとしても、まずは警察へ連絡してください。

後は、警察の指示に従って順に答えていきましょう。

(3)現場の状況を撮影

ほとんどの方がスマホやガラケーを持っていると思います。

カメラ機能を立ち上げて、現場の状況を撮影しましょう。

  • 現場の状態
  • 相手の車の状態
  • 自分の車の状態

時計も一緒に撮影しておけば、時刻を示す証拠にもなります。

後、交差点であれば信号機も撮影しておきたいですね。

最近はドライブレコーダーがついている車も増えていますから、ある程度は撮影されていますが、自分のスマホやガラケーでも撮影しておきましょう。

(4)事故の状況をメモ

紙にメモしてもいいですし、スマホで録音してもいいでしょう。

何か記録になるようにしておきましょう。

(5)まわりの見物人をつかまえる

言い方は乱暴ですが、あなたの事故を見ていた人がいるはずです。

目撃者を見つけ確保し、警察へ証言してもらいましょう。

第三者の証言は大きな意味があります。

その場を立ち去りそうになっても、住所と名前くらいは聞いてメモしておきましょう。

必要であれば、後から警察が連絡をとってくれます。

(6)相手の情報をしっかり記録

相手の情報を記録しましょう。

  • 氏名
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号

また、

  • 相手の車種
  • 相手の車番

このあたりは、相手の車に乗っている「車検証」を見せてもらうと明らかになります。

もし相手が「車検証は載せて走っていません」と言ってきたら、そのまま現場に駆けつけた警察官へ話してください。

(7)相手の保険会社を確認

相手が加入している保険会社を確認しましょう。

  • 自賠責保険
  • 任意保険

どちらも保険会社と保険の契約番号、契約者名をメモします。

(8)自分の保険会社へ連絡

自分の保険会社へ連絡しましょう。

そのとき、保険会社の担当者が必要なことを伝えてくれますので、その内容に従ってください。

この流れ、印刷しておくか、スマホで「お気に入り」登録しておくと、いざというときに活躍すると思います。

病院で診察が必要となる理由

交通事故 病院で診察

交通事故に遭った場合、見た目にケガや打撲がなくても、痛みが全然なくても病院で診察を受けておきましょう。

これには理由がありまして、交通事故に遭った直後はアドレナリンが大量に分泌されていますから興奮状態に入っています。

人は興奮状態に入ると「痛み」「ケガ」「体調の変化」などに気づきにくくなります。

ひどい場合ですと、脳内出血が起こっていたり、骨折していても、その時には全く気づかないということもあります。

ですから、交通事故に遭ったときには、痛みやめまいなどがなくても病院で診察を受けておきましょう。

また、医師からの診断書があれば、物損事故から人身事故に切り替えられることもありますので、どちらにせよ「診察」が必要です。

病院から整骨院へ転院する方法

交通事故 整骨院

事故の治療で整形外科に通うことになった。

でも、仕事場や家から遠いので、近くの整骨院へ通いたい。

このようなこと、あると思います。

こんな場合、まずは理由を整形外科の先生にお話ください。

もし、整形外科で良い返事をもらえない場合は、あなたの治療費を払っている保険会社へ連絡しましょう。

これでも保険会社から良い返事をもらえない場合は、あなたが通いたい整骨院の先生に相談してみてください。

整骨院の先生が直接に保険会社とやりとりしてくれるでしょう。

この場合、やると面倒なことになるのが、保険会社へ何も言わずに転院することです。

保険会社で転院して治療する承諾を得ておかないと、治療費が支払われなくなることがあります。

ここ、要注意です。

交通事故で多い症状「むち打ち」とは

交通事故 むち打ちとは

次に、交通事故に多い「むち打ち」についてお話します。

どうしても交通事故に遭うと、衝撃で頭部が大きく揺さぶられ、首の部分に大きな負担がかかり痛みやしびれが出てしまいます。

軽い痛みくらいですと良いのですが、むち打ちがひどいと、次のような症状が出てくることもあります。

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気

また、

  • 耳鳴り
  • ふるえ
  • ハリ

一時的な症状で、2~3日して改善するなら良いですが、何ヶ月も続く人もいらっしゃいますので、最初の頃に違和感があれば、すぐに担当医にお話されることをおすすめします。

ただ、多くの場合、筋肉や靭帯の損傷であることがほとんどで、しばらくすると痛みやしびれが治まってくる方が多いです。

交通事故で森の葉整骨院へ来院されてからの流れを紹介

交通事故 森の葉整骨院 綾瀬

それでは最後に、交通事故に遭われた後、森の葉整骨院へ来院された場合の流れを紹介しておきます。

STEP1:来院されたら問診表へ交通事故に関する情報をご記入いただきます。

STEP2:事故の状況や現在の体の状態をお聞きしながら、症状に合わせたプランをご提案し施術いたします。

STEP3:治療後には、普段気をつけておくことや、やっても良いこと、ダメなことなどをお伝えします。

STEP4:何度か通院いただいて施術が終わりましたら、森の葉整骨院から保険会社さんへ治療終了の連絡を入れます。

保険会社さんからあなたへ「内容書」というものが届きますので、しっかり中身を確認してください。

中身に疑問がある場合は、森の葉整骨院へご相談ください。

まとめ

今回お話しましたように、交通事故は最初が肝心です。

初動でどのような対応をし、ご自身の体に対処するのか。

そして、相手の方の体へも適切に対処するためには、すぐに救急車を呼ぶことが一歩目となります。

ですから、交通事故が起こったときには、自損事故で自分だけが電柱などに当たった場合を除いて、警察よりも先に救急車を呼ぶ。

この行動が重要です。

また、救急車を呼ぶときに「事故です」というと、救急から警察へも連絡してくれますから、まずは「救急車」

ぜひ覚えておいていただき、あなたが当事者になったとき。

あなたの身近で起こったとき。

どちらの場合でも冷静に動けるようにしておきたいですね。

まずは体感してみてください

院長 森谷
    • 治療院はたくさんあるけど、どこに通っていいかわからない。
    • 様々な治療院に通ってみたけど、一向に改善する気配がない。
    • 「年だからしょうがない・・・」「仕事だからやむを得ない・・・」と治療を諦めている。

上記のお悩みをお持ちでしたら、初回キャンペーンをご利用いただき、ぜひ森の葉整骨院の治療を体験してみてください!

一人でも多くの方の症状が改善し、痛くないことが当たり前である生活を取り戻していただきたい、そのために少しでもお役に立てればと思い、この整骨院を開院しました。
根治を目指して、私も患者様と一緒に闘います。

お困りごとやお悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です