ぎっくり腰のいちばんやさしい対処方法と予防のヒント

ぎっくり腰 原因と対処法

「腰が痛いなぁ」と感じながら、ちょっと腰をひねっただけで、、、。

その場から動けなくなるのが「ぎっくり腰」です。

 

ぎっくり腰は命に関わるような急病ではありません。

しかし、ぎっくり腰になった本人にとっては一大事です。

立っていることもできませんし、歩くこともできません。

 

もしかすると、今は横になりながら、この記事を読んでもらっているかもしれませんね。

大丈夫ですか?

まずは、痛みが少ない姿勢を探して安静にしてくださいね。

それでは、今この記事をご覧いただいているあなたに向けて、綾瀬の森の葉整骨院から、ぎっくり腰のいちばんやさしい対処方法と予防のヒントをお伝えします。

その前に、痛みが我慢出来ない場合は、森の葉へお電話くださいね。

腰痛を起こす人、そうでない人の違いとは?

ぎっくり腰 腰痛

腰の痛みは、誰に起こっても不思議ではありません。

また、いつ起こっても不思議ではありません。

しかし、年齢が高いから腰痛になるとは限りません。

あなたのまわりを思い出してもらうといいですが、ご年輩の方でも腰痛知らずの方はいらっしゃいます。

反対に20代なのに「腰が痛い」を連発している人もいます。

 

このように腰痛は誰にでも起こることなのですが、腰痛を起こす人と、そうでない人がいるんですね。

では、その違いはどんなところにあるのでしょうか?

 

今、腰が痛くて横になっているあなたなら、お気づきかも知れませんね。

腰痛を起こしやすい人の特徴は、次のようになります。

  • 運動不足
  • 過剰なスポーツ
  • 激しい労働(激しい疲労)
  • 長時間に渡って同じ姿勢で繰り返す作業
  • 偏った食生活の継続
  • 喫煙

 

腰痛は主に、腹筋と背筋の筋力が低下したとき、またはバランスが悪くなったときに起こりやすいです。

というのも、腹筋と背筋の筋力が低下すると、頭や体の重さを腰だけで支えることになるから。

腰痛になりやすい人の姿勢を見ると、腰で支えていることが多いため「反り腰」になっていることが多いです。

 

また、同じ姿勢を続けていると、血行が悪くなりやすいんですね。

そうすると新鮮な酸素や血液、養分が届きにくいので筋肉が疲労しやすくなります。

そのため、特に腰周辺の場合は、クッションの役割をしている部分が疲れてきて適度にバランスを取ることができなくなり、反り腰で支えるようになってしまうんです。

そうすると、おわかりのように、腰に負担が集中し、腰痛が引き起こされやすくなります。

腰痛の代表「ぎっくり腰」の原因とは?

ぎっくり腰 腰痛

ぎっくり腰とは医療現場では「急性腰痛症」と呼ばれています。

しかし、一般的に「ぎっくり腰」がわかりやすいので、森の葉でも「ぎっくり腰」と呼んでいます。

 

ぎっくり腰は腰痛の代表的な症状です。

しかし、代表的でありながら、その原因となると特定が難しいのです。

その理由は、ぎっくり腰には背骨や腰の骨に原因がある場合と、内臓に原因がある場合の2つがあるから。

 

例えば、背骨や腰の骨に原因がある場合なら、次のような病気が原因になっていることが考えられます。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • すべり症
  • 変形性股関節症
  • ねんざ
  • 骨折
  • 筋肉や靱帯の損傷

一般的には「ねんざ」が多いのですが、あまく見ていると他の病気が原因になっていることもあります。

 

次に、内臓の病気が原因になっている場合なら、

  • 血管の病気
  • すい臓炎
  • 十二指腸潰瘍
  • リウマチ
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症

また、

  • 統合失調症
  • 不安障害
  • 気分障害
  • 職場での大きなストレス
  • 家庭内での不和

こういったことが引き金となって、ぎっくり腰が起こっていることもあります。

 

このような多岐にわたる原因が考えられますから、いくら治療をしても改善しないのなら、ぎっくり腰の原因が今の治療とは別の部分にある可能性も考えられます。

いくら通っても改善しないのなら、一度、経験豊富な「森の葉整骨院」へご相談ください。

あなたの症状を丁寧にお聞きして、原因をしっかりと探し出していきます。

ぎっくり腰の症状と対処方法

ぎっくり腰 症状と対処法

ぎっくり腰がおこったら、まずは自分のまわりの安全を確認して、いったん安静にしましょう。

気持ちが落ち着いてきたら、動ける範囲で日常動作を行う方が治りやすいです。

 

痛みが強い場合には、市販の痛み止めを飲むという方法もありますし、お近くの整骨院へ治療に行くのもおすすめです。

ただ、家から出るのは痛いですよね。

パートナーがいればいいですが、そうでない場合はタクシーを呼ぶのが賢明です。

 

横になるときは、痛みが一番少ない姿勢を探してください。

無理に痛みを感じる姿勢を取る必要はありません。

ぎっくり腰は概ね2~3日で強い痛みは改善します。

その間は、動ける範囲で動いてください。

安静にしている時間が長いと、最近は治りにくくなると言われています。

 

もし、今、ぎっくり腰で横になりながら、この記事をお読みなら。

そして激しい痛みで身動きできないなら。

お近くの整骨院へ電話して予約し、待ち時間が必要ないように受診されることをおすすめします。

腰痛を予防できる生活のヒント

腰痛 予防

できれば予防して、腰痛とはさよならしたいところです。

そのためには、次のポイントに注意して生活してもらいたいところです。

(1)姿勢

わかっているけれど出来ないのが正しい姿勢です。

美しいS字を描いた背骨。

これが一番なのですが、なかなか自分ではわかりません。

そこで、整骨院や整体院で姿勢の矯正を行ってもらいましょう。

これだけでも、腰痛の原因となる、腰への負担が軽減されます。

(2)骨盤まわりのストレッチ

ストレッチは筋肉へアプローチする運動です。

ストレッチをすることで、骨盤まわりの筋肉の緊張をほぐすと腰の傾きを正しい位置に戻すことになります。

整骨院や整体院で「骨盤矯正」を行いながら、自宅ではあなたに合ったストレッチをするのが理想です。

(3)腰痛予防には中腰は厳禁

ぎっくり腰もそうですし、腰痛を引き起こすきっかけになるのが「中腰」です。

特に荷物を持ち上げるときは注意しましょう。

荷物を体から離さず、近くにもって脚の力で持ち上げましょう。

上半身をひねるときも、腰でひねらず、体からひねるようにすると、腰痛を引き起こしにくくなります。

まとめ

ぎっくり腰は突然起こりますから、大変驚きます。

まわりもびっくりしますが、実は本人が一番びっくりしています。

突然、動けなくなるのでパニック状態になりますよね。

でも、今回お話しました内容を参考にしてもらえると、腰痛やぎっくり腰を起こしにくくなるでしょう。

 

また、「ちょっと腰が重いな」と感じたら、早めに体の調整をしておくことで、ぎっくり腰の悲劇に遭いにくくなります。

あなたのぎっくり腰、痛みは少し減ってきましたか?

まだ痛みが激しいなら、森の葉へご相談ください。

あなたの痛みによる辛さを軽減させるお手伝いができるかもしれません。

まずは体感してみてください

院長 森谷
    • 治療院はたくさんあるけど、どこに通っていいかわからない。
    • 様々な治療院に通ってみたけど、一向に改善する気配がない。
    • 「年だからしょうがない・・・」「仕事だからやむを得ない・・・」と治療を諦めている。

上記のお悩みをお持ちでしたら、初回キャンペーンをご利用いただき、ぜひ森の葉整骨院の治療を体験してみてください!

一人でも多くの方の症状が改善し、痛くないことが当たり前である生活を取り戻していただきたい、そのために少しでもお役に立てればと思い、この整骨院を開院しました。
根治を目指して、私も患者様と一緒に闘います。

お困りごとやお悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です