交通事故で多い「むち打ち」の種類について

事故渋滞

交通事故などで多いむち打ち。皆さんはむち打ちがどのようなものかご存知でしょうか?!

むち打ちとは、強い衝撃が加わり、首が鞭(むち)をうつようにしなったために起こる症状の総称をいいます。

事故に遭ってすぐには痛みや不調を感じない方が多く、次の日や数日後に症状が出ることが多いです。

  • 痛み(首、頭、腕、肩)
  • コリや重だるさ(首、肩、背中)
  • 動かすと痛い(首が回らない、肩を動かせない)
  • めまい、目のかすみ、目の疲労感
  • 吐き気
  • 握力低下、指先のまひ     など・・・

事故後、数日立ってから上記の症状が出た場合、むち打ちになっている可能性があります。

むち打ちにはいくつか種類があるので説明したいと思います。

むち打ち4つの種類

首が痛い

頚椎捻挫型

事故の衝撃によって、首の筋肉や靭帯などの軟部組織を損傷してしまったもの。

むち打ちの中で最も多いのがこのタイプ。全体の70〜80%が該当すると言われています。

首や肩の痛みや重さ、動かすと痛みが生じたりします。

神経根症状型

脊髄からでる神経の根元の部分である神経根がダメージを受けてしまうもの。

追突などで首に衝撃が加わり、首に歪みが生じると、神経の通り道が狭くなるので神経が圧迫されて症状が出ます。

首の痛みや腕のしびれ手先に力が入りにくくなります。

バレー・リュー型症状型

首の骨にそって走っている後部頚交感神経が圧迫され、脳脊髄液の血流が低下し、その結果交感神経が過緊張してしまうもの。

首や後頭部の痛み、頭痛、めまい、耳鳴り、難聴、眼精疲労、流涙などの症状があらわれます。

脊髄症状型

背骨の中を通っている、脊髄を損傷してしまったもの。

脊髄を損傷してしまうと足がしびれたり、歩行障害、排便・排尿に支障をきたす恐れがあります。

むち打ちの中でも最も深刻なケースで、後遺症として残ってしまう可能性が非常に高いです。

交通事故に遭ったら必ず病院へ!!

救急車

交通事故後は大抵の人は突然のアクシデントに遭遇したことで興奮状態になります。すると、痛みを感じる感覚が麻痺してしまい、ケガをしていても気づかないなんてことも少なくありません。

意識を失ってしまったり、自分では動けないなど、ものすごい痛みを感じていれば、すぐに救急車を呼び病院へ行くと思います。しかし、自覚症状があまりなかったとしても必ず病院へ行くことをオススメします。

数日経過して、首が痛い、普段より肩がおもい、手が痺れるなどで、初めて病院に行き診断を受けても、交通事故が原因とされない可能性もありますので、気をつけて下さい。

実際、事故から受診まで2週間をこえてしまうと、因果関係を証明するのは難しいとされています。交通事故による負傷だと認められなければ、損害賠償請求を行うことも難しくなってしまいます。

交通事故にあったら、自覚症状がなかったとしても必ず病院へ行き、医師の診断をうけましょう。そして必ず診断書を書いてもらうようにしましょう

 まとめ

交通事故

交通事故はどんなに気をつけていても、意と反して突然起こってしまうものです。

事故に遭わないように気をつけることはもちろん大切なことですが、遭ってしまった時にどのような対応をすればいいかも考えなくてはいけません。

追突事故に遭われた方で非常に多い症状のひとつであるむち打ち。

むち打ちは痛み止めの薬や湿布を貼っても症状が改善されない方がたくさんいます。適切な治療を受けないと症状はなかなか改善していきません。

今後の生活がむち打ちの後遺症で苦しまないためにも、ご自身に合った適切な治療を受けるようにしましょう。

まずは体感してみてください

院長 森谷
    • 治療院はたくさんあるけど、どこに通っていいかわからない。
    • 様々な治療院に通ってみたけど、一向に改善する気配がない。
    • 「年だからしょうがない・・・」「仕事だからやむを得ない・・・」と治療を諦めている。

上記のお悩みをお持ちでしたら、初回キャンペーンをご利用いただき、ぜひ森の葉整骨院の治療を体験してみてください!

一人でも多くの方の症状が改善し、痛くないことが当たり前である生活を取り戻していただきたい、そのために少しでもお役に立てればと思い、この整骨院を開院しました。
根治を目指して、私も患者様と一緒に闘います。

お困りごとやお悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です