肩こりには薬が効果的?大事なのは根本原因を解消することです。

肩こり 薬 根本治療

肩こりに効く薬は世の中にたくさんあります。

鎮痛薬、ビタミン剤、湿布薬、、、。

どれも痛みを和らげてくれるので、ありがたい存在ですね。

 

お家で気軽に飲んだり貼ったりできるのも嬉しいポイント。

 

ここで1つ質問ですが、その薬、どのくらい使い続けていますか。

 

「長い間つかってるから、そんなの覚えてないよ」

 

こういった声が聞こえてきそうですが、その状態、実はとても危険なんです。

 

「薬で痛みを無くすのが、そんなに危ないの?」

 

はい、そのとおりです。

では、なぜ薬で痛みを無くすのが危ないと思いますか?

気になる話だと思います。

 

そこで今回は、あなたと一緒に「薬で痛みをごまかし続ける危険性」について、一緒に確認していきたいと思います。

 

今日から、あなたの薬に対する意識が変わるでしょう。

肩こりに効果的な薬を見極めるには

肩こりに効く薬

肩こりを治療する薬には、大きく分けて3タイプあります。

 

  • のみ薬
  • 外用薬
  • 注射薬

 

痛みの程度や箇所によって使い分けることが、効果的な治療に繋がります。

それぞれ、どのような場合に使うのか見ていきましょう。

 

(1)のみ薬

血管を拡張したり、炎症を抑えたり、神経痛を和らげたりします。

体に吸収されてから効果を発揮するので、効果を感じるまでに多少時間がかかることも。

飲むだけですから、いつでもどこでも簡単に使うことができます。

 

(2)外用薬

痛い箇所に貼ったり、塗ったりして使います。代表的なのは湿布やスプレーです。

患部に近いところからアプローチするので、飲み薬よりも比較的早く効果があると言われています。

薬を飲むほどじゃない、あるいは薬は飲みたくないという人に適しています。

 

(3)注射薬

痛い箇所の筋肉に直接注射したり、神経に注射したりします。

整形外科で行われる治療方法です。

どちらも痛みの箇所に直接作用するので、瞬時に効くのが特徴。

その分、治療時に痛みを伴うのが難点です。

痛みのレベルが高い人、辛い痛みを1秒でも早くなんとかしたい人に適した治療法といえるでしょう。

 

あなたに合った治療方法を選択することで、満足する結果を得られます。

いずれも使う前にそれぞれの特徴をしっかりと把握しておくことが大切です。

 

 

次は、お家で手軽に試せる薬をご紹介します。

肩こりに効く薬3つをご紹介

肩こりに効く薬 治療

お家で試せる薬のタイプは2つです。

 

  • 飲み薬
  • 外用薬

 

この2つの中から、症状別に3つご紹介します。

あなたの症状に適した薬を見つける参考にして下さい。

 

(1)腰から足にかけてズキズキ痛む人へ

「ナボリンS(のみ薬)」

 

肩こりは様々な原因で起こりますが、比較的血行不良によるものが多く見られます。

ナボリンSはビタミンEを配合した血行促進タイプの薬なので、肩こりに効果的です。

その他にも、パソコンやスマホの見すぎによる眼精疲労にも使えます。

 

肩こりが慢性化すると末梢神経にダメージが入り、腰から足にかけてズキズキ・ビリビリとした痛みが出てきます。

ナボリンSは、肩こりと併せて末梢神経も修復してくれる優れもの。長年の肩こりに悩んでいる人、腰から足にかけて痛みだした人にオススメの内服薬です。

 

(2)パソコン仕事で肩や腰、指などが痛い人へ

「バンテリンコーワ クリームEX(外用薬)」

 

長年の肩こりや、しつこい腰の痛みに特化したクリーム状の塗り薬。

筋肉のハリを解消し、血行を促進してくれます。擦り込みながらマッサージすることで、

よく浸透します。

 

1日4回を限度に、痛いところへ塗り込んで下さい。

腱鞘炎などの症状にも効果的なので、パソコンでお仕事をしている人にもオススメです。

アルコール不使用で、お肌に優しい点もうれしいですね。

 

(3)激しい痛みをガマンしたくない人へ

「フェイタスZαジクサス(外用薬)」

 

独自に配合された成分が、痛みの発生を防ぎます。同時に炎症も抑えることで、

運動時に起きた肩・腰・関節などの激しい痛みに効果を発揮します。

 

スポーツで体を動かす人や、重たいものを持つ職業の人にピッタリです。

伸縮性が高く、動かしても患部にピッタリとフィットするのが嬉しい点ですね。

 

これらの薬は効果的ですが、1日の使用限度や使い方には気をつけましょう。

取扱説明書をしっかりと確認して、最新の注意を払って下さい。

 

薬に頼り続けるのは危険

肩こり 薬に頼るの危険

「薬を飲めば治る」

 

まずはこの意識を改めましょう。

 

痛みを無くしたり、炎症を抑えたりする薬は確かに効果的です。

辛い状態から救ってくれるのも事実。

 

しかし、薬に頼り続けるのは良い判断ではありません。

 

薬で症状を抑えるということは、根本原因を治療しないまま痛みだけをごまかすということ。

つまり、これからも症状は出続ける可能性が高いということなんです。

 

あなたはこれからも、痛みが出るたびに薬を飲み続けますか?

 

次第に薬の効果を感じられなくなり、飲む量も増えるかもしれません。

精神的にも、金銭的にも、あなたの体そのものにも辛い状態になります。

 

薬は、あくまでも一時的に使用するもの。

頼り続けてはいけません。

 

このことをしっかりと意識しておきたいですね。

 

痛みは体からの大切なサイン

肩こり 薬 痛み

薬は体の痛みを軽減し、楽にしてくれます。

これはとても良い効果のように感じますが、本当にそうでしょうか?

 

「薬さえ飲んでいれば楽になれるし、いいんじゃない?」

 

実はこの考え、とても危険なんです。

 

【3: 薬に頼り続けるのは危険】でお話したとおり、

薬を飲んで痛みをごまかしても、根本原因は残ったままです。

 

 

体に痛みを感じるのは、このままでは大きな病気になるという大切なサインでもあります。

痛みだけ抑えて根本原因を放置するのは、体が伝えている悲鳴を無視するのと同じ。

 

せっかく異常を知らせてくれた体を裏切ってはいけません。

痛みが出たら、まずは根本原因を見つけることが大切です。

 

薬で痛みを抑えているだけなら、いつかは大きく体調を崩す可能性が高いです。

 

では根本原因を解消するにはどうすればいいのでしょうか。

次はその方法についてお話していきます。

 

薬に頼らない治療方法とは

肩こり 薬に頼らない 治療

薬に頼らない治療方法とは、根本原因を特定して解消することをいいます。

 

自分で解決しようとすると、どうしても薬に頼ってしまいます。

薬がもたらすのは一時的な痛みの解消。それだけでは解決しません。

 

理想的なのは、薬で痛みを制御しつつ、自然治癒力を高めて根本原因を解消することです。

 

ではどうすれば根本原因を解消できるのでしょうか。

一番の近道は、その道のプロに相談をすること。

 

あなたが体から受け取ったサインをしっかりプロに伝えることで、プロはそれらの情報から原因を特定し、あなたの症状にピッタリの治療方法を提案してくれます。

 

薬で一時的に痛みをごまかしても、痛みはひどくなるばかり。

いつか薬では耐えられない日がくるでしょう。

 

大切なのは体から聞こえるサインを正しく理解し、あなたに適切な治療をすることです。

 

まとめ

薬で痛みをごまかす怖さについてお話しました。

 

しかし薬が悪いということではありません。

一時的に痛みを和らげてくれるという点をみると、とても優秀なんです。

 

わたしたちが気をつけたいのは薬の使い方です。

 

痛みの程度や箇所によって薬を使い分けながら、プロの適切な施術を受けましょう。

 

森の葉整骨院では、経験豊富なスタッフが在籍しています。

あなたの体からのサインをお聞かせ下さい。

まずは体感してみてください

院長 森谷
    • 治療院はたくさんあるけど、どこに通っていいかわからない。
    • 様々な治療院に通ってみたけど、一向に改善する気配がない。
    • 「年だからしょうがない・・・」「仕事だからやむを得ない・・・」と治療を諦めている。

上記のお悩みをお持ちでしたら、初回キャンペーンをご利用いただき、ぜひ森の葉整骨院の治療を体験してみてください!

一人でも多くの方の症状が改善し、痛くないことが当たり前である生活を取り戻していただきたい、そのために少しでもお役に立てればと思い、この整骨院を開院しました。
根治を目指して、私も患者様と一緒に闘います。

お困りごとやお悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です