はじめて妊婦さん必見!ツライ腰痛の原因と対処法

妊婦 妊娠中 腰痛 

はじめてのお子さんを授かられ、おめでとうございます。

 

これからすべてのことがはじめての経験だと思います。

特に女性の場合、体型やカラダの調子に変化が出てきますから、これまで気にしていなかった部分にも違和感を覚えてくることもあるでしょう。

特にお子さんがお腹の中にいる間は、無意識に重さとバランスを取るために腰への負担が増えてしまう方もいらっしゃいます。

 

そこで今回は、はじめて妊婦さんのお悩みで多い「ツライ腰痛」の原因と対処法をカラダの専門家である「森の葉整骨院」がお伝えしていきます。

妊娠中に腰痛が起こる原因

妊婦 腰痛 原因

妊娠中に腰痛を経験されない妊婦さんは、いないと言っても良いのではないでしょうか。

それくらい妊婦さんが腰痛を経験される確率は高いのです。

 

これまで森の葉整骨院にも妊娠されてから腰痛がツライということで来院された方がいらっしゃいます。

 

ではどうして妊婦さんに腰痛が起こりやすいのでしょうか。

(1)体形

妊娠することで、どんな女性でも体形に変化が起こります。

人によって違いはありますが、おおよそ臨月までに10kg前後の体重が増えますので、カラダ全体にかかる負担も大きいはずです。

 

また、ただカラダ全体に満遍なく体重が増えるのではなく、お腹部分に集中して増える傾向がありますから、

  • 立つ
  • 歩く
  • 寝る

すべてにおいて、妊娠前のカラダのバランスとは違いが出てきます。

 

当然ですが、バランスが変化すると重心も変わりますので

  • 反り気味な姿勢
  • お腹を突き出す姿勢
  • 背骨で支える姿勢

どれもが腰への負担を大きくする姿勢に変化します。

 

このような理由から、妊婦さんは腰痛になりやすいと言えます。

(2)ホルモン

妊娠初期から女性に必要なホルモンの分泌が変化します。

これは、出産時に骨盤を開きやすくする自然現象なのでしかたありません。

このような自然の力によるホルモン変化によって骨盤を支える力が弱まると言われています。

その結果、カラダを支える部分が腰へと集中し腰痛になりやすいのではないかと考えられています。

(3)血行不良

赤ちゃんが育っていく過程で、お母さんのお腹や骨盤の血管が圧迫されることがあります。

これも自然な状態なので問題はありませんが、この変化によって下半身の血行不良がおこりやすくなります。

肩こりや頭痛などと同じく血行不良が起こった部分には、疲労物質がたまりやすくなり、痛みやむくみを引き起こす原因にもなります。

このような原因によって、妊婦さんは腰痛になりやすいのです。

 

では、腰痛を感じたとき、どのようなことに注意しておけば良いのでしょうか。

次の章でお伝えしたいと思います。

腰痛が起こったとき注意するポイント

妊婦 腰痛 注意するポイント

妊婦さんの腰痛は、人によって違いはありますがおおむね、妊娠4週目ごろから痛みを感じる方が多いです。

 

その後、お腹の大きさが目立ち始めた頃に、どうしても下半身の血行不良やホルモンバランスの変化の大きさから、ツライ腰痛を経験する妊婦さんが増えてきます。

お産が終わったら腰痛が自然と改善する人もいますが、報告では1割くらいの方が、1年以上にわたって腰痛の症状に耐えておられるようです。

 

このように妊婦さんの腰痛は、基本的にはお産の後は改善するものですが、やはり妊娠中(お産の直前まで)の腰痛はツライものだと思います。

(すいません。私は男性なので経験することができません。)

 

そこでお産直前までのツライ腰痛をどうにかしようとされるとき、注意してもらいたいことがあります。

それは、妊娠中での「市販薬の利用」です。

 

痛みがつらくて「ロキソニン」などを使いたくなるかもしれませんが、体内の赤ちゃんへの影響を考えてもおすすめすることはできません。

最近ではご近所のドラッグストア、インターネットの通販でも簡単に痛み止めを購入することは可能です。

 

でも、こういった市販薬(飲み薬、貼り薬)は使用しないようにしてください。

 

どうして痛みがつらすぎるときには、産婦人科の担当医に相談し、痛みが軽減できるお薬を処方してもらいましょう。

絶対に自分の判断だけで市販薬を使うことは避けてください。

腰痛への対処法

腰痛 対処法

まずは簡単な方法からお伝えしていきます。

(1)体操

一番はカラダを動かすことです。

慣れない生活と体形の変化でたまったストレスを発散することもできます。

 

またカラダを動かすことは、

  • 出産までの体力維持
  • 血液の循環アップ
  • 筋肉キープ

 

腰痛の予防だけではない効果が期待できます。

できるだけ負担が少ない運動(体操)を専門家に指導してもらい、お家の安全な場所で続けましょう。

(2)骨盤ベルト

骨盤ベルトでお腹や腰を支えることもできます。

ただし、巻く位置や巻き方に注意する部分がありますので、かならず専門家に指導を受けてください。

 

間違った位置や、強すぎる力で巻いてしまうとカラダを楽にするどころか、大きな負担を与えることにもなりかねません。

 

インターネットの情報を信じるよりも、実際にベルトを専門家のところへ持参して使い方を教えてもらってください。

(3)体重

ほとんどの妊婦さんは体重が増えます。

これは当然のことですからOKです。

 

しかし、増やしてもOKな体重、適正な体重というものは存在します。

あなたも産科の担当医に教えてもらったことはありませんか?

 

食生活や体操を組み合わせて適正な体重管理を行いましょう。

あなたが健康でないと、お腹の赤ちゃんも健康になれません。

あなただけのカラダではありませんから、ぜひ健やかな暮らしを送ってください。

(4)マッサージ

パートナーにマッサージをしてもらうのも良いですね。

 

最近は育パパ向けの講座もありますから、一緒に参加して覚えてもらいましょう。

ただ、パートナーさんのお仕事が忙しくて、そういう時間が取れないということもあります。

 

そういった場合には妊婦さんのことを理解している、柔道整復師の国家資格をもった整骨院や整体院へ、マッサージに行っても問題ないか担当医に確認してから受診してください。

 

リラクゼーションをメインにされているところでは、赤ちゃんのいるお腹への施術にも不安がありますし、リラクゼーションメインの施設はアロマなどの香りが強いため、妊婦さんの気分が悪くなることも考えられます。

妊娠する前、妊娠後なら「いい香り」となるかもしれませんが、妊娠中はカラダ全体のバランスや嗜好も変化していますので注意しておきましょう。

妊娠中の腰痛は担当医に相談

妊娠中 妊婦 腰痛2

大切なのでもう一度お伝えしたいと思います。

妊娠中の腰痛には、

(1)まず、担当医に相談する

(2)担当医からOKが出れば、国家資格を持った整骨院や整体院を選ぶ

この2つのポイントを必ず守りましょう。

 

絶対に自分で市販薬を使わないことです。

飲み薬は手を出さないけれど、貼り薬なら大丈夫とは考えないでください。

貼り薬も飲み薬と同じように、皮膚を通して体内へ吸収されます。

結果は同じです。

 

また、リラクゼーションメインの施設は、出産後の楽しみにとっておきましょう。

大切なお子さんです。

カラダに触れることを許されている国家資格を持った専門家に相談し、改善方法を指導してもらってください。

まとめ

すべてがはじめての経験。

だからこそ不安になることも多いと思います。

 

しかし不安なときこそ、あなたのお腹の中にいる赤ちゃんが一番安心して喜ぶ方法を考えて選んでください。

すでにここまでお読みなら、どのような選択が重要かご存じだと思います。

ぜひ出産まで無理せず健やかに暮らしてください。

まずは体感してみてください

院長 森谷
    • 治療院はたくさんあるけど、どこに通っていいかわからない。
    • 様々な治療院に通ってみたけど、一向に改善する気配がない。
    • 「年だからしょうがない・・・」「仕事だからやむを得ない・・・」と治療を諦めている。

上記のお悩みをお持ちでしたら、初回キャンペーンをご利用いただき、ぜひ森の葉整骨院の治療を体験してみてください!

一人でも多くの方の症状が改善し、痛くないことが当たり前である生活を取り戻していただきたい、そのために少しでもお役に立てればと思い、この整骨院を開院しました。
根治を目指して、私も患者様と一緒に闘います。

お困りごとやお悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です