下腹ポッコリは骨盤矯正で解消!綾瀬の整骨院森の葉でお悩み解決!

下腹ポッコリ 骨盤矯正

女性が気になる部分というと「下腹」のポッコリですよね。

 

自宅でのトレーニングや雑誌に載っている「オフィスで出来る簡単ストレッチ」などをやってみたけれど、下腹ポッコリは何も変化しない。

 

こんな方もいらっしゃることでしょう。

 

そこで今回は体の専門家である、綾瀬の整骨院「森の葉」が、下腹ポッコリの原因と安心して解消できる方法を紹介します。

下腹ポッコリの原因は骨盤のゆがみ

骨盤矯正 下腹

どうして下腹がポッコリするのでしょうか。

 

特に食べ過ぎているわけでもなく、体重も大きく変化していることもないのに、下腹だけがポッコリしてしまう。

 

実は、こんな場合の下腹ポッコリの原因には「骨盤のゆがみ」が考えられます。

 

 

これはどういうことかと言いますと、私たちの内臓を支えている「骨盤」に「ゆがみ」が出てくると、本来は上に持ち上げられているはずの内臓が重力によって下へ下へ降りてきます。

 

このとき、インナーマッスルと呼ばれる、体の内側の筋肉に力があれば、この筋肉が内臓を引き上げてくれるので、下腹ポッコリが少しは防げます。

 

しかし、私の経験から申し上げますと、骨盤にゆがみがある方はインナーマッスルの筋力も低下していますので、内臓が下へ降りてきてポッコリになってしまいます。

 

これがダイエットを考えていない方でも、下腹ポッコリが気になる原因です。

骨盤矯正がポッコリお腹にいい理由

骨盤矯正が下腹に良い理由

骨盤に「ゆがみ」が出ると、骨盤全体で体や内臓の重みを支えるのではなく、反り腰になることで骨盤と背骨が交差する1点だけで支えようとします。

 

そして、反り腰のまま生活を続けることで、腰回りの筋肉や背中の筋肉、背中の筋肉に引っ張られるようにして、肩や首の筋肉も緊張します。

 

その結果、肩こりや腰痛、内臓の裏側に位置する背中に痛みやコリが起こることがあります。

 

 

また、骨盤のゆがみによって下がった内臓は、本来のあるべき位置ではないため、内臓にも負担がかかりやすくなります。

 

特に女性の場合には、便秘生理痛など女性特有の症状が出てくることもあります。

人によっては足のむくみ足先の冷えを感じる方もいらっしゃいます。

 

 

そこで私がおすすめするのは、骨盤のゆがみを矯正し、正しい位置にすることです。

 

骨盤を矯正すると、下がった内臓を引き上げることで正しい位置にすることもでき、同時に下腹ポッコリも解消できます。

 

その結果、体調の改善も期待できます。

また、骨盤を矯正することで、姿勢も改善されますので肩こりや背中や腰の痛みも解消することが多いです。

なぜ骨盤がゆがむのか

骨盤が歪む原因

なぜ、骨盤はゆがむのでしょうか。

 

骨盤は字の通り「骨」ですから、簡単にゆがみそうなイメージはありません。

 

 

そうなんです。骨盤のゆがみとは、骨がゆがむのではなく、骨盤を支えている筋肉の緊張状態や力の強さが不均等になっていないことから起こります。

 

骨盤のまわりには、多くの筋肉が重なり合っています。

多くの筋肉が重なっているため、前後左右に自由に動かすことができるのですが、反面、バランスが崩れると「ゆがみ」の原因になってしまいます。

 

では、どうして筋肉のバランスが崩れるのかを考えてみましょう。

(1)生活習慣というクセ

歩き方や座り方。

立っているときの重心のかけ方。

 

自分にとっては無意識で行うことなのですが、この無意識の行動がゆがみを作り出す原因になっていることが多いです。

(2)女性の場合は出産

出産までに少しずつ骨盤が開きます。

そして出産後には、ゆっくりと元に戻っていきます。

 

通常は放っておいても自然に元の状態へ戻っていきますが、出産後の状態によっては自然に戻らないこともあります。

(3)筋力低下

筋力低下の原因は運動不足です。

 

体を動かす機会が少なくなると、腰回りの筋肉や内臓を支えているインナーマッスルの力が低下します。

 

弱くなった筋肉は、骨盤を正常な位置で支えることができなくなり、バランスが崩れ、骨盤にゆがみが出てきます。

(4)過剰な運動

過剰な運動をやり続けることで、骨盤を取り巻く筋肉に負担が増え、骨盤にゆがみが出ることもあります。

 

運動すると利き手や利き足を使いすぎることもありますから、どうしてもよく使う方の筋肉や骨盤に傾きやすくなります。

 

その結果、骨盤にゆがみが起こり、運動しているのに「下腹ポッコリ」ということもあります。

骨盤矯正を行う方法

骨盤矯正方法

ここでは骨盤矯正を行う方法について紹介していきます。

(1)ストレッチ

無理に伸ばすようなストレッチはやめてください。

 

ゆっくりと筋肉を伸ばすストレッチがおすすめですので、ヨガを取り入れるのがいいでしょう。

 

呼吸にも注意することで、さらに効果が期待できます。

 

近くの「ヨガ」教室で、家でできるストレッチを教えてもらうと、いつでも空き時間にできます。

(2)骨盤体操

地域のコミュニティーセンターなどで開催されていることもあります。

 

自宅でできる簡単な骨盤体操を習ってやってみることもいいですね。

 

ゆっくりと続けてやることが必要です。

(3)プロの施術を受ける

自分でやるのは続かない。

自宅でやろうと思っても、用事が入ってできない。

自分に本当に合ったやり方なのか疑問がある。

 

このような不安やお悩みをお持ちなら、森の葉のような整体院で骨盤矯正の施術を受けられるのがいいと思います。

 

プロの施術と、あなたに合った自宅トレーニングの方法を知ることができるでしょう。

また、プロの経験と知識からのアドバイスがありますから、効果と安心の両方が手に入ります。

あなたの骨盤セルフチェック

骨盤矯正 セルフチェック

最後にあなたの骨盤の状態をセルフチェックしてみましょう。

 

  • 仰向けに寝て骨盤に触れたとき左右の高さが違う
  • 仰向けに寝たとき左右の足の長さが違う
  • 何をやっても下腹がポッコリしている
  • 靴の底が左右のどちらかだけ減る
  • 鏡の前でまっすぐに立つと左右の肩の高さが違う

 

もし、この中で一つでも心当たりがあれば、骨盤にゆがみが出ているかもしれません。

 

 

今すぐ何かが起こることはないですが、そのまま放っておくとジワジワと腰や背中、肩や首に痛みが出てくる可能性が高いです。

 

また、下腹ポッコリが解消されず、鏡に映った自分を見て「ナニこれ!」と叫ぶことになるかもしれません。

 

 

できるだけ早めに骨盤の矯正を行い、まずは姿勢を正しくし、内臓を引き上げて下腹ポッコリを解消してください。

まとめ

ダイエットを考えているわけではないけれど、下腹だけがいつも「ポッコリ」している。

 

そんな方がいらっしゃいます。

私の経験からお話すると、ほとんどは「骨盤のゆがみ」が原因になっています。

 

骨盤のゆがみは生活習慣から生まれていますので、本人では意識しにくい部分です。

 

だから、下腹ポッコリが気になると必要もないのにダイエットに走る方もおられるのだろうと思います。

 

下腹ポッコリが気になる方は、ダイエットを考える前に骨盤にゆがみがないか、お近くの整体院でチェックしてもらってください。

まずは体感してみてください

院長 森谷
    • 治療院はたくさんあるけど、どこに通っていいかわからない。
    • 様々な治療院に通ってみたけど、一向に改善する気配がない。
    • 「年だからしょうがない・・・」「仕事だからやむを得ない・・・」と治療を諦めている。

上記のお悩みをお持ちでしたら、初回キャンペーンをご利用いただき、ぜひ森の葉整骨院の治療を体験してみてください!

一人でも多くの方の症状が改善し、痛くないことが当たり前である生活を取り戻していただきたい、そのために少しでもお役に立てればと思い、この整骨院を開院しました。
根治を目指して、私も患者様と一緒に闘います。

お困りごとやお悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です