首痛い!回らない!それストレートネックかも?原因と予防と対処法

首痛い 回らない

首が痛い!

首が回らない!

 

この話は借金の話ではありません。

私たちの体の中で、もっとも可動域(動く範囲)が広く柔軟な箇所である「首」の話です。

「首」は360度回りますし、上下左右にも自在に動きます。

これだけの動きをする部分、私たちの体には他にありません。

 

腕にしても膝にしても足首にしても、どちらかの方向へは動きますが、反対側へは動きません。

でも、首って、どの方向へも動きますから、器用というかなんというか。

 

そんなことを私は考えてしまうのですが、これだけ柔軟に動く「首」が痛みや回らないとなると、日常生活に不便を感じてしまいます。

そこで、現代病とも言える「首」の痛みや回らないことについてお話していきたいと思います。

首が痛い!回らない原因

首痛い 原因 回らない

首が痛くて回らない原因。

よくあるのが次のような原因です。

・肩こり首こり

長時間同じ姿勢で仕事をする人に多いです。

本来筋肉は柔らかいものなのですが、同じ姿勢を続けると、筋肉が緊張状態となり血液や酸素が思うように供給されにくくなり「コリ」として痛みを感じることになります。

そして「コリ」がワンランク、ツーランクアップすると(アップしたくありませんが)痛みを通り越して「回らない」という状態になります。

・寝違い

朝起きると、首が痛くて回らない。

こんな経験、あると思います。そう、誰でも一度はある経験。

これが寝違いです。

寝違いは一時的なことですから、ほとんどの場合放っておけば2~3日で治まります。

・むち打ち

交通事故や運動中の衝撃で起こることがあります。

この場合、ほとんど原因がわかっていますから、きちんと治療すれば痛みも回らないという状態も解消します。

首へ衝撃を受けたときには、整形外科さんへ行って診察してもらいましょう。

骨がズレていたりすると大変ですから、レントゲンなどは必須です。

・ヘルニア

ヘルニアと聞くと「腰」をイメージするかもしれませんが、首にもヘルニアがあります。

ヘルニアですから理由は腰と同じですが、首がヘルニアになると、首以外にも症状が出てくることがあります。

例えば、

  • 腕がしびれる
  • 手が痛い
  • 肩が痛い

ヘルニアは、骨と骨の間にある「椎間板」の中からゼリー状の衝撃緩衝材のような役割のものが飛び出すことで神経を圧迫していますから、首に痛みが出るのではなく、圧迫された神経によって他の部分に痛みやしびれが出てきます。

・ストレートネック

仕事でパソコンを長時間使う以上にインパクトのあるストレートネック。

 

電車に乗っても、バスに乗っても、待ち合わせ中でも、カフェに入っても、四六時中見ているスマートフォン。

あの小さな画面をのぞき込むとき、人の首は自然なS字カーブから、まっすぐな状態(ストレートな状態)になってしまいます。

頭が首の骨よりも「前方」へ突き出した独特なシルエット。

時代の流れで登場したものですが、ストレートネックが原因となって、首が痛み回らなくなるという方が増えているようです。

現代病とも言えるストレートネック

首痛い ストレートネック

やはり、現在の首の痛みや回らない症状で気になるのは「ストレートネック」です。

あなたもイメージできると思いますが、首の骨は本来「緩やかなS字カーブ」を描いているのが理想です。

そして、この状態がもっとも美しく見える姿勢でもあり、重い頭をできるだけ負担無く支えられるフォームだと言えます。

 

しかし、長時間スマホやパソコンを見続けることが増えた結果、ついつい頭が前に突き出すようなフォームになり、そのまま首の筋肉が緊張し続け、知らない間に首からS字カーブがなくなり真っ直ぐになってしまっているのです。

 

あなたのまわりを見渡してみても、ストレートネックの方、多くないですか?

通勤電車の中で見渡してみると、ストレートネックのため、損しているOLさんも多いと思います。

せっかくきれいにメイクして、おしゃれな装いだったとしても、前に突き出したストレートネックでは、立ち姿も歩く姿も優雅な印象が少なくなってしまいます。

ストレートネックの症状を知ってますか?

ストレートネック 症状

ストレートネックは「見た目」で損をする原因にもなりますが、もっと深刻なのが体調へ影響する症状です。

ストレートネックを放っておくと、次のような症状が出てくる人もいます。

  • めまい
  • 頭痛
  • 耳鳴り

そして、ストレートネックが引き金となってヘルニアを患ってしまうこともあります。

そうすると、手や腕、肩に痛みやしびれが起こり、首が痛い、首がまわらないだけではなく、上半身全体に予期せぬ影響が出てくることにもなります。

いやいや、ストレートネック、けっこう怖いです。

首が痛くて回らないときの対処法

首痛い 対処法

首が痛くて回らないときの対処法をお伝えします。

対処法は、あくまでも一時的に痛みを軽減する方法ですから、根本的に治療されているわけではありません。

対処法によって痛みを軽減したら、それ以上つらい状態へ進めないためにも、治療を始めるのが効果的です。

 

それでは、対処法をお伝えしましょう。

・安静

急に首が痛くなる。回らなくなる。

こんなとき、無理して揉みほぐしたり、回したりしないでください。

できるだけ動かさずに「安静」にするのが一番です。

・緊張をほぐす

首の痛みや回らない場合、筋肉が緊張していることがほとんどです。

首に衝撃が起こって熱を持っている、腫れているということでなければ、痛みのある部分を温めましょう。

・痛み止め

痛くてどうしようもない。

今日だけは仕事を休めないから、何とかして痛みをなくしたい。

こんな場合、市販の痛み止めを使うのが効果的です。

ドラッグストアへ行くと、最近は薬剤師さんがいらっしゃいますから、相談して選んでください。

ただ、痛み止めは「そのときの痛み止め」です。

痛みの原因がなくなるわけではありません。

・病院や整骨院へ

整形外科や整骨院へ受診しましょう。

早めに対処しておくことで、つらい痛みや回らない不自由さから解放されます。

特に、ストレートネックの場合ですと、体の専門家にアドバイスをもらいながら治療するのが、快適で美しい姿勢を手に入れる近道となります。

暮らしの中でやっておきたい予防法

首痛い 予防法

・仕事中にもストレッチ

こまめなストレッチで血行不良を解消しましょう。

筋肉を動かすことで、コリやハリを防げますし、首の痛みや回らない症状を遠ざけることもできます。

・枕をかえる

寝違いが多いのなら、使っている枕や寝具があっていないかもしれません。

硬さや高さなどを、寝具のプロに相談するのが良いですね。

・スマホタイムを決める

意識してスマホを見る回数や時間を決めましょう。

できるだけ、ストレートネックになりにくい状態を環境から作るのがおすすめです。

毎日5キロを支えている体を調整しませんか?

首痛い 回らない 重い

私たちは毎日5キロ以上ある頭を首でバランスをとりながら過ごしています。

これだけでも首にとっては大きな負担ですが、バランスを取るためのS字カーブがストレートになると、さらに負担が増すことになります。

 

そこで、首に痛みを感じたり、回らないことが増えているのなら、自分だけで改善しようとせず、体の専門家に相談して

あなたの体に合わせた施術によって、まずは体を調整し、その後適切な運動を続けるのが効果的です。

面倒だとは思いますが、長い目で見ると、体調面も見た目の部分も得するのはあなたです。

今のうちに、美しい姿勢と快適でバランスの良い体を手に入れてもらいたいと思います。

まとめ

首の痛みや回らない症状には、今回お話しましたような原因があります。

特に現代は、ストレートネックが原因として増えてきているように感じます。

これ以上、首に痛みを感じたり、回らない不自由さを経験したくないのなら、早い段階でプロに手による施術を受け、体全体をバランスよく調整されてはいかがでしょうか。

まずは体感してみてください

院長 森谷
    • 治療院はたくさんあるけど、どこに通っていいかわからない。
    • 様々な治療院に通ってみたけど、一向に改善する気配がない。
    • 「年だからしょうがない・・・」「仕事だからやむを得ない・・・」と治療を諦めている。

上記のお悩みをお持ちでしたら、初回キャンペーンをご利用いただき、ぜひ森の葉整骨院の治療を体験してみてください!

一人でも多くの方の症状が改善し、痛くないことが当たり前である生活を取り戻していただきたい、そのために少しでもお役に立てればと思い、この整骨院を開院しました。
根治を目指して、私も患者様と一緒に闘います。

お困りごとやお悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です