四十肩・五十肩~症状と原因と治し方~

四十肩 五十肩 治し方

いつも通り仕事に行こうと起きあがってパジャマを脱ごうとしたら、、、

イタ~イ!!!

ちょっと、、、肩、あがんないよ!?

 

ということで、

激痛でいつもより早く目が覚めたという方も多いのが、40代や50代になると突然やってくる「四十肩・五十肩」です。

 

今回は、まだまだ働き盛りの40代や50代に多い、肉体的にも精神的にも年齢を感じてしまってつらい「四十肩・五十肩」についてご紹介していきます。

四十肩・五十肩になると起こること

四十肩 五十肩 おこること

まずは四十肩や五十肩になると起こる症状を見ていきましょう。

四十肩・五十肩の症状

ご存じのとおり、四十肩や五十肩の症状でもっとも多いのは、

「肩が痛くて腕が上がらない」

 

そして、次に多いのが

「肩のあたりにニブイ痛みを感じる」

 

ほとんど場合、四十肩や五十肩を自分自身で認識するのは前者の「腕が上がらない」状態になったとき。

後者の時期は、「そのうちマシになるだろう」と気のせいにしていることが多く、まさかこれが四十肩や五十肩の前触れだったと思うことが少ない症状です。

 

それでは次に、あなたの肩をチェックしてみましょう。

四十肩・五十肩のチェック

・両方の腕をゆっくりと、ご自身の頭の後ろに回してみましょう

絶対に無理をしないでくださいね。

・両方の腕をゆっくりと、今度はご自身の腰へ回してみましょう

スーパーマンのポーズが取れるでしょうか?

・両腕をゆっくりと身体の真横から真上に上げてみましょう

手の平は上を向いている方が上げやすいです。

 

いかがでしょうか?

もし、このような動作をしたときに肩周辺から痛みやしびれを感じたのなら、四十肩や五十肩の可能性があります。

 

また、次のような症状があった場合は要注意です。

  • 腕を上げたときに、肩周辺から「ジョリジョリ」という音が聞こえた
  • 寝ているときにも肩周辺が「ジンジン」と痛くて眠れない
  • 二の腕も痛い

このような症状があるのなら、次の要注意な症状かもしれません。

四十肩・五十肩でない場合もあるので注意

四十肩 五十肩 違い

四十肩や五十肩と似た症状でありながら、注意しておかないといけない症状があります。

それは「腱板断裂(けんばんだんれつ)」と呼ばれる症状でして、上腕骨と肩甲骨をつないでいる「腱」が切れてしまっている状態なんです。

 

この場合「ジョリジョリ」という音が肩周辺から聞こえることがあります。

また、腱板断裂は四十肩や五十肩とは違い、放っておいても治りません。

反対に症状がどんどんと悪化していきますので、日常生活に影響が出てきます。

人によっては痛みのため不眠になられる方もいらっしゃいます。

 

もし、肩の痛みが1年以上続いているとか、肩周辺から痛み以外に音がするなどという症状があれば、すぐに整形外科を受診してレントゲンなどで検査してもらってください。

腱が切れている場合、整骨院や整体院で治すことはできません。

外科的な治療が必要となりますから、必ず整形外科での受診が必要です。

四十肩・五十肩の原因とは

四十肩 五十肩 原因

さて、注意しておいてもらいたい「腱板断裂」ではなかった場合、あなたは四十肩や五十肩の可能性が高くなってきます。

 

そこで、どうして四十肩や五十肩になってしまったのか、その原因を考えていきましょう。

と言いますのも、あなたと同じ年齢でありながら全く肩に痛みを持っていない人っていますよね。

ということは、何らかの原因があるということなんです。

単に年齢が40代、50代になったからというだけではないんです。

では、四十肩や五十肩の原因とは何なのでしょうか?

その原因とは、、、残念ながら、解明されていません。

 

これだけ科学や医療が進んでいるにも関わらず、原因が解明されていないのです。

おそらく加齢によって肩周辺の筋肉や関節が固くなる、縮むことで炎症が発生し起こっているのではないかと言われています。

また、ある医師によると、生活習慣やホルモン分泌の変化、仕事から受けるストレスが要因となっている可能性もあると言われています。

さらに、おもしろいことに四十肩や五十肩になる人には、男女差が無いという報告があります。

左右の腕で起こる違いも無いですし、利き腕だから良く使うので起こりやすいということもないようです。

 

強いて言えば、

  • 過去にスポーツで肩周辺に無理をさせた経験がある
  • 猫背気味な姿勢
  • 姿勢に歪みがある
  • 不規則な生活習慣
  • 睡眠不足
  • ストレス

このようなことに当てはまる肩は、四十肩や五十肩になりやすい傾向があるようです。

四十肩・五十肩の改善に必要な施術とは

四十肩 五十肩 改善

最初に知っておいていただきたいことがあります。

四十肩や五十肩を改善するための施術やケアには、絶対に肩を無理に動かさないということです。

痛みで動かないからと、わざわざ痛みをガマンして可動域を広げるような運動をする方もいらっしゃいますが、炎症が起きているところへの無理な負担は改善には逆効果です。

 

では、四十肩や五十肩の改善に必要な施術やケアを見ていきましょう。

(1)急性期

激痛が始まったときを「急性期」と呼びます。

この時期は、とにかく痛みが強く激しいでしょう。

そんなときは、絶対に無理に動かさないことが重要です。

運動や荷物を持つのもやめておきたいですね。

この時期に必要なのは「安静」です。

また、痛みが強い場合はガマンせず市販の「鎮静剤」を服用するのも方法です。

あまりにもダクダクとする痛みや、先ほどお話しましたような「ジャリジャリ」とした音が聞こえるなら、整形外科へ受診しておくと安心できます。

(2)慢性期

痛みが始まってからしばらくすると、痛みが少しやわらいできます。

痛みが全くなくなることはありませんが、かなりやわらぎ日常生活への影響も少なくなってきます。

この時期を「慢性期」と呼びます。

 

慢性期には肩周辺を冷やさないようにしておき、適度な運動をするように心がけたいです。

少しずつ肩を動かしておくと、可動域が回復しますから、これからの日常生活への影響も少なくなることでしょう。

無理をしない程度に、あなたの肩の状態に適した運動をすることが大切です。

 

そのためにも、早めに整骨院や整体院を受診し、カラダのプロに診断してもらった上で、あなたに適した運動を提案してもらってください。

肩周辺には筋肉が複雑に折り重なっています。

どのような部分に炎症が起きていて、どのような動きをすることで複雑に折り重なった筋肉へ良い影響を与えることができるのか。

このあたりはプロの診断を元にしないとわかりにくい部分です。

 

書籍やネットでいくら情報を探してみても、あなたのカラダと全く同じ人から同じ症状のアドバイスをもらうことはできません。

プロの診断から導き出したメソッドで、あなたのカラダ全体のバランスを整え、肩へかかっていた負担を軽減できれば、より早く四十肩・五十肩を改善することができるでしょう。

まとめ

今回は四十肩・五十肩についてお伝えしてきました。

おおむね40代~50代に起こりやすい肩の痛みですが、60代に入ってから痛みを感じる方もいらっしゃいます。

四十肩や五十肩は肉体的な痛みもありますが、精神的に少し気持ちが下がる原因にもなりかねません。

 

痛みや生活での影響を無視せず、早めにカラダのプロへ相談して、一日でも早く自信をもった生活を取り戻してください。

まずは体感してみてください

院長 森谷
    • 治療院はたくさんあるけど、どこに通っていいかわからない。
    • 様々な治療院に通ってみたけど、一向に改善する気配がない。
    • 「年だからしょうがない・・・」「仕事だからやむを得ない・・・」と治療を諦めている。

上記のお悩みをお持ちでしたら、初回キャンペーンをご利用いただき、ぜひ森の葉整骨院の治療を体験してみてください!

一人でも多くの方の症状が改善し、痛くないことが当たり前である生活を取り戻していただきたい、そのために少しでもお役に立てればと思い、この整骨院を開院しました。
根治を目指して、私も患者様と一緒に闘います。

お困りごとやお悩みがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です